デザイナーにも分かりやすいjQuery入門講座|jQueryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
索引
Core:コアとなる仕組み
Selectors:セレクタ
Attributes:属性
Traversing:対象の変更
Manipulation:操作
CSS:スタイルシート
Events:イベント
Effects:演出効果
Ajax:xml等との連携
Utilities:ユーティリティ
Data:データ
Miscellaneous:諸々
Deferred:処理管理
Callbacks:コールバック
Internals:内部処理

Traversing:対象の変更

ツリー(階層)

階層に関連して、対象を変更するメソッドです。

.siblings( )

兄弟要素から引数で指定した要素を選択します。
→詳細

.next( )

兄弟要素のうち、次の要素を選択します。
→詳細

.nextAll( )

兄弟要素のうち、次の要素を全てを選択します。
→詳細

.nextUntil( )

兄弟要素のうち、次要素から任意の要素までを選択します。
→詳細

.prev( )

兄弟要素のうち、前の要素を選択します。
→詳細

.prevAll( )

兄弟要素のうち、前の要素を全てを選択します。
→詳細

.prevUntil( )

兄弟要素のうち、前要素から任意の要素までを選択します。
→詳細

.children( )

子要素を選択します。テキストノードしかない場合は選択できないので、そのような場合はcontents()を利用してください。
→詳細

.find( )

子孫要素を選択します。
→詳細

.parent( )

親要素を選択します。
→詳細

.parents( )

先祖要素を選択します。
→詳細

.parentsUntil( )

任意の要素までの先祖要素すべてを選択します。
→詳細

.offsetParent( )

positionが設定された直近の先祖要素を選択します。
→詳細

.closest( )

直近の祖先要素を選択します。
→詳細

フィルタリング

対象を絞るメソッドです。

.eq( )

指定したインデックス番号の要素を選択します。
→詳細

.slice( )

指定した範囲のインデックス番号を持つ要素を選択します。
→詳細

.first( )

最初の要素を選択します。
→詳細

.last( )

最後の要素を選択します。
→詳細

.filter( )

指定した要素を選択します。
→詳細

.has( )

指定した子孫要素を持つ要素を選択します。
→詳細

.not( )

指定した要素を除外します。
→詳細

.is( )

マッチした要素があるかを判断します。
→詳細

.map( )

引数に設定したfunctionによって、非常に高度なフィルタリングが可能です。元の要素にない要素を選択したり、要素の特定の情報を収集することもできます。
→詳細

その他

その他の対象の変更するメソッドです。

.add( )

指定した要素を追加します。
→詳細

.andSelf( )

変更される以前の要素と、現在の要素を選択します。
→詳細

.end( )

変更される以前の要素を選択します。
→詳細

.contents( )

子要素全体を選択します。children()と異なりテキストノードだけでも選択する事ができます。
→詳細

.each( )

選択された要素を個別処理します。
→詳細