デザイナーにも分かりやすいjQuery入門講座|jQueryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
索引
Core:コアとなる仕組み
Selectors:セレクタ
Attributes:属性
Traversing:対象の変更
Manipulation:操作
CSS:スタイルシート
Events:イベント
Effects:演出効果
Ajax:xml等との連携
Utilities:ユーティリティ
Data:データ
Miscellaneous:諸々
Deferred:処理管理
Callbacks:コールバック
Internals:内部処理

Callbacks:コールバック

コールバックオブジェクトは多目的なコールバックリストを管理する仕組みです。jQuery.ajaxメソッドDeferredオブジェクトと絡めて利用するそうですが、私には良く理解できなかったため本家サイトの直訳的な説明になっています。

callbacks.add( )

コールバックオブジェクトにfunctionを登録します。
→詳細

callbacks.has( )

コールバックオブジェクトに指定したfunctionが登録されているかチェックします。
→詳細

callbacks.fire( )

コールバックオブジェクトに登録されたfunctionを実行します。
→詳細

callbacks.fireWith( )

上記のcallbacks.fireと同じ機能ですが、引数にコンテキスト(function内でthisとして扱う要素)を指定することができます。
→詳細

callbacks.fired( )

コールバックが実行されたかチェックします。
→詳細

callbacks.remove( )

コールバックオブジェクトから指定したfunctionを除外します。
→詳細

callbacks.empty( )

コールバックオブジェクトに登録されたfunctionを全て削除します。
→詳細

callbacks.disable( )

コールバックオブジェクトを無効化します。
→詳細

callbacks.lock( )

コールバックオブジェクトをロックします。
→詳細

callbacks.locked( )

コールバックオブジェクトがロックされているかチェックします。
→詳細

jQuery.callbacks( )

コールバックオブジェクトを作成します。
→詳細