デザイナーにも分かりやすいjQuery入門講座|jQueryの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
索引
Core:コアとなる仕組み
Selectors:セレクタ
Attributes:属性
Traversing:対象の変更
Manipulation:操作
CSS:スタイルシート
Events:イベント
Effects:演出効果
Ajax:xml等との連携
Utilities:ユーティリティ
Data:データ
Miscellaneous:諸々
Deferred:処理管理
Callbacks:コールバック
Internals:内部処理

:fileファイル選択ボタンを選択

構文

フォームのファイル選択ボタンを選択
$(":file")ver1.0〜
※:(コロン)を忘れないように注意しましょう

機能

:(コロン)に続けてfileを設定するとファイル選択ボタン(type属性がfileである要素)を選択します。
新しいブラウザでは[属性名='値']を利用してinput[type='file']としたほうが高速なため、現在では非推奨のセレクタとなっています(解説の最後に推奨される書き方を紹介しています)。

解説

ファイル選択ボタンを選択します

サンプル(file/01.html)を開いてbody内の構成を確認してください。フォーム関連の要素が一通り記述されています。jQueryは以下の様に記述され、ブラウザ内(document)をクリックするとファイル選択ボタンを選択を選択します。選択した要素はcssメソッドを利用して赤枠を付けます。

$(document).click(function(){
	$(":file").css("border","3px solid red");
});

結果として、ブラウザ内をクリックするとファイル選択ボタンに赤枠が付きます。

推奨される書き方

新しいブラウザでは[属性名='値']を利用してinput[type='file']としたほうが高速です。
サンプル(file/02.html)を開いてbody内の構成がfile/01.htmlと同じ事を確認してください。jQueryもほとんど同じで、セレクタが以下の様に変更されているだけです。

$(document).click(function(){
	$("input[type='file']").css("border","3px solid red");
});

結果としてfile/01.htmlと同じように、ブラウザ内をクリックするとファイル選択ボタンに赤枠が付きます。