アプリ分析:ペンディングしているゲーム達

By | 2016年10月20日

DLしても遊びきるのは少ない

アプリ制作の勉強も兼ねて定期的に新着アプリのカテゴリを巡回しています。色々気になって多くのアプリをダウンロードするのですが、ほとんどは「自分には合わないな…」とか「これ系か…(良くあるゲームのガワ変え&新要素無し)」とかで数分でアンインストールしてしまいます。

消さなかったけど遊んでないアプリ

最後まで遊んだアプリはブログで紹介していますが、今回はDLしたけれど遊んでもいないしアンインストールもしていないアプリを紹介します。

引っかかりがある」という言葉は通常はネガティブな意味で使われます(辞書)。しかしデザインの現場では「ユーザーの心に残る」的なポジティブな意味で使われたりします。遊んでいないけどアンインストールもできない…。何が「引っかかり」なのか考えるのも勉強になると思うのです(たぶん)。
「引っかかり」をポジティブにとらえるようになったのはジブリの宮崎駿さんの発言が理由っぽい?→関連記事

ねこ巫女STG

「引っかかり」とかではなく普通に好きなシューティングです前項の振りは何だったんだろう…ネコの種類で攻撃が変化し、組み合わせなどの戦略を考えてステージを攻略していきます。グラフィックも和風で可愛く魅力的です。

遊んでいない理由はシンプルで「操作系がバグっている」ためです。下の動画のように、上下にスワイプしているだけでもキャラが右に突撃していってしまいます。

タブレット未対応なのでしょうか(私の環境はNexus7)。面白そうなのに残念です…。いつか修正されることを期待してアンインストールはしていません。
以前紹介したImageStriker(記事)と同様にゲーム製作用のフレームワーク「GameMaker」で作られているようです。

ヤード&ダイス

個人的にサイコロ系のゲームが好きで、過去に「ダイス&モンスター(記事)」や「のらくらダイス(記事)」を楽しんできました。

このゲームはダイス&モンスターに近いゲームだと思います。見た目は大きく異なりますが「敵に合わせてデッキを考え、あとはサイコロ次第」です。ルールが分かりにくく、かといって適当に遊ぶと下のアプリゲット記事にもあるようにステージ2を超えることはできません…。

関連サイト:アプリゲット様
ヤード&ダイス:適当に遊ぶとステージ2で即死するが、仕様なので安心しよう。

戦略を考えるゲームは好きなのでアンインストールはしていませんが、ヘルプを読むのが面倒なので放置している状態です。いつかは遊ぶと思います。

その他

クリアしたアプリも結構ある

クリアしたアプリは結構貯まっているので、順次記事にしていく予定です。現時点でクリアしているのはスライドプリンセス、モンスターサンドイッチ、うつしよ(追加シナリオ込み)。そしてプレイ中なのはメルヘンフォーレスト(1章はクリア)です。あと10月は弾幕ゲームが2本リリースされているので、それも追々。

ペンディング

ペンディングという言葉は色々なシチュエーションで良く聞きます。これは外来語で海外とは異なる使われ方をされ、さらに業界毎にニュアンスも違うそうです(→wikipedia)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.