cocos2d-x : Firebaseの導入(iOS編)

By | 2018年7月27日

Cocos2d-xにAdmobを導入していきます。私の作業環境はMac(10.13.6)です。Googleでも公式にCocos2d-xへのAdmob導入をサポートしており、日本語でページを用意してくれています。今回はiOSでFirebaseを導入するまでの説明です。
→参考:Firebase(公式) – cocos2d-x

 

CocoaPodsの導入

Admobの導入にはFirebaseが必要になり、そのfirebaseを導入するにはCocoaPods(ライブラリ管理ソフト)が必要になります。ググると丁寧な説明がたくさんでてきますが、pod setupまでで止めて、その先は公式のfirebaseの指示に従いましょう
→参考:google検索「cocoapods インストール」

 

私の場合はwarningが表示されましたが、Setup completedと表示されたのでOKとしました。
昨年CocoaPodsは導入していたのでこの作業は必要なかったかも(warningもそのせい?)。
ともあれ最新版にはアップデートされたと思います。

0727_1      

Firebaseの導入

Firebaseのダウンロードは公式ページの「AdMob を含む Firebase C++ SDK を入手する」の項目にリンクがあります。解凍したら利用するプロジェクトフォルダに移動してください。 このフォルダ2.8GBもあり、こんなサイズのデータをプロジェクト毎にコピーするのは不効率なので、あとで共通化できないか挑戦する予定。具体的には1階層上に配置して、各プロジェクトで共通して参照するようにしたい。

DjFjnWmVAAAYa_6  
1 – GoogleService-Info.plistの取得

公式サイトで「iOS プロジェクトを設定する」の1番目の項目にある「アプリに Firebase を追加する」を参考にFirebaseの管理ページにプロジェクトを登録し、GoogleService-Info.plistをダウンロードしてください。 ダウンロードするだけでOKです。

0727_2

このファイルも先にダウンロードしたFirebase_cpp_sdkとともにプロジェクトのフォルダに移動してください。下図のようになるはずです。これでFirebase導入の準備ができました。

0727_3  
2 – Podfileの作成

次に公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の2番目の項目に従いproj.ios_macフォルダ内にPodfileを作成します。内容は公式からコピペです(画像下)。

0727_4 0727_5  
3 – pod update の実行

公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の3番目の項目に従いコンソールでpod updateを実行しました。しかしエラーがでて途中で停止してしまいました(下図)。

0727_6  

xcodeプロジェクトへのパスが見つからないということなので、profileを以下のように修正。
コンソールでxcodeプロジェクトのある階層まで移動してからのupdateなので、パスの必要は無いと思ったのだけど…

0727_7

中途半端に作成されたPodフォルダは削除して再び「pod update」を実行。エラーは表示されずフォルダ内に必要なファイルが作成されました。

0727_8  
4 – 警告の修正

前段階でコンソールに警告が表示されるので、公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の4番目の項目に従い以下の3箇所に$(inherited) を追加します。

0727_10   0727_11   0727_12  
5 – ビルド設定

公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の5番目の項目に従い「Framework Search Paths」と「Header Search Paths」に以下の設定を追加します。

0727_13 0727_14  
6 – ライブラリの追加

公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の6番目の項目に従いライブラリへの参照を設定します。[Copy Items if Needed] チェックボックスをオフにします。フレームワークの場所は、前のステップで追加したビルド設定によって Xcode に知らされます
つまり、そのパスを操作すれば2.8GBもあるfirebaseフォルダをプロジェクト外に配置し共用できるのではないか?Android版を一通り導入し、Androidもパスを変更できそうなら挑戦してみよう!

0727_15  
7 – GameController.frameworkの追加

公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の7番目の項目に従いGameController.frameworkを追加しました。

0727_16  
8 – App Transport Securityの設定

公式サイト「iOS プロジェクトを設定する」の8番目の項目に従いApp Transport Securityの設定をします。App Transport Securityの説明は英語しかありませんが、以下のようにiOSフォルダ内のInfo.plistに指示されたテキストをペーストするだけです。これでFirebaseの導入は完了です。
xcode上でも設定できますが、私はテキストエディタで開いてコピペしました。スペルミス怖いし…

0727_20     

ビルドして起動確認

まだ広告の設定は完了していませんが、導入完了の確認をするためにビルドします。注意するのはxcworkspaceファイルの方をビルドする点です。

0727_17

ちなみにxcodeprojファイルをビルドしようとすると以下のようなエラーとなります。間違えないようにしましょう。

0727_18

そんなこんなで無事iPhoneXのシミュレーターで起動できました。

0727_19

今回はここまで。次回はAndroidへの導入記事になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.