ダライアス外伝と東方Project

By | 2016年1月10日

ダライアスシリーズ3作目

昨日の記事で触れた「neon light illusion」という名前ですが、これはダライアス外伝(wikipedia)のボスの名前から取りました。ボスのデザインが格好良いと感じたのではなく、名前が格好良かったので印象に残っているのです。下の画像をタップするとYoutubeでneon light illusionの動画が確認できます(難易度設定が最低になっているようで瞬殺されていますが…)。

neon

ダライアス外伝がリリースされた頃はバーチャファイター2が大流行しており、格闘系のゲーム以外は不遇の時代でした。私が知っているゲームセンターでは古いゲームや人気のないゲームは難易度が低く設定されていて、初見でもクリアできてしまったことを覚えています。その後もバーチャファイター2の息抜きとして良くプレイしていました。コーラス付きのBGMが素敵なのです。

東方への影響

ダライアス外伝は東方projectにも影響を与えたゲームとしても知られています。以下の4Gamerの記事でZun氏へのインタビューが紹介されています。
→参考:4Gamer「シューティングの方法論

弾道が変化する

東方projectの弾幕の特徴の1つとして弾道が途中で変わるというのがあります。他のシューティングゲームでは弾の方向が途中で変わることなど、ほとんどの有りません。ですがダライアス外伝のボス戦では(東方ほど極端ではありませんが)途中で軌道が変化する弾があったと思います。あと「へにょりレーザー」っぽいのもあったと思う。

以下の画像をタップするとダライアス外伝の全編を記録したYoutube動画にリンクします。やはり難易度が低く設定されているようで、ボスが瞬殺されてしい攻撃を良く確認できないのですが興味のある方は見てみてください。再生時間が1時間以上あるのでwifi環境かPCで見た方が良いです

henyori

改めて動画を確認すると、破壊可能弾がやたら多いところが東方とは異なりますね。軌道が変わる弾も「固定方向からのホーミングのみ」ですし。へにょりレーザーもどきもホーミングレーザーの亜種という感じです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.